「安全性・副作用」カテゴリーアーカイブ

メタバリアSの副作用

富士フイルムが販売しているメタバリアSを摂取して副作用を感じる方もいらっしゃるということですが、果たしてそれは本当に副作用なのでしょうか。

実際にメタバリアSを摂取した方の体験談によりますと、頭痛や下痢に見舞われたりおならが出やすくて困ってしまったという事例もあるようです。

しかもおならの場合、お腹が張ったり頻繁におならが出るようになる上に、臭いも強烈にキツイとのこと。

しかしながら何故おならが出やすくなるのかといいますと、メタバリアSを摂取することで腸内の善玉菌が繁殖し、腸内運動は活発化し腸内環境が整ってくるからだと言われています。

またそのときに便の詰まった腸を通過するため、おならが出やすくなり臭いもクサイとの見解でした。

しかしながらこのおならの現象は腸内環境が活発になってきて整ってきているという証拠ですので、副作用ではないようです。

他にも下痢の場合は、お腹の緩い方や正常だった方がメタバリアSを摂取することで排便が促されるので、下痢になる場合もあるらしいです。

頭痛についてはメタバリアSを摂取することで糖質制限が起こるので、身体が低血糖を起こし、好転反応として現れてくる方もいらっしゃいます。

メタバリアSは機能性表示食品なので、これらの症状は副作用ではないと考えられますが、もし気になる場合は一度、かかりつけの医師や販売店などにご相談されることをオススメします。

メタバリアSの安全性

メタバリアSはダイエットに効果があるということで、多くの方々が注目していますが、危険性はあるのか、安全性は大丈夫なのか知っておきたいですよね。

メタバリアSの安全性についてですが、

*厚生労働省が認めている厳しい基準をクリアしたGMP認定工場で作られている
*機能性表示食品で安全性が高い
*医療方面や医薬品に携わっている富士フイルムが作ったサプリメントである

という3つのポイントがあります。

これらのことからメタバリアSを摂取しても危険性がなく、安全性が高いということがわかりますね。

他にも富士フイルムは平成19年10月からメタバリアSを継続して販売していますが、これまで重大な被害は起こっていないということが消費者庁に届出されているので、
メタバリアSの安全性が伺えます。

しかも薬ではなく機能性表示食品なので、副作用などの危険性はほとんどないと考えられます。

また原材料にはサラシア濃縮エキス、赤ワインポリフェノール、緑茶抽出物、難消化性デキストリン、クロム含有酵母/結晶セルロース、炭酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、光沢剤、ステアリン酸カルシウム、酵素処理ルチンが配合されていて身体に害のない原材料のみを使用しているので、安心安全に摂取して頂くことが可能となっています。

万一、アレルギーなど気になる点がございましたら、販売店やかかりつけの医師、薬剤師などにご相談されて下さいね。