クリニックの店舗デザイン事例を持つ会社を探してみましょう

一般家庭とクリニックの何が違うのか

クリニックのデザインは専門性が求められる一般家庭とクリニックの何が違うのか施工例を豊富に持った会社に依頼する

ではクリニックと一般家庭では何が違うのか考えていきましょう。
まずは出入り口が来客向きかどうかなどを考える必要があり、クリニックはコンビニや個人商店などと同じように自動ドアが設置されていることが多くあります。
自動ドアのメーカーは国内でもいくつかありますが、施工する業者は電気的な知識を持ち施工の流れを把握している専門業者に依頼するのが一般的です。
事前に施工業者に見積もりを出してもらう時に希望を伝えておけば、スケジュールプランに自動ドアの施工業者を組み込んでくれます。
ロビーには待機用のソファーを複数置くスペースが必要で、足の不自由な松葉杖の人が移動できるようなスペースや廊下の手すりなどを設置する必要もあります。
このように建物は一般住宅よりも来客が多いことを想定し、壁なども手すりを付けるなどの想定をして通常よりも強固な建築にすることがベターな選択です。
また特殊な機械であるレントゲン機械などは定量の放射線を放出するために、部屋には電磁波を遮断する壁で施工する必要性があります。
また機械は数百キロの重量があるために、床の補強なども考えなくてはなりません。